• ひよりOEMトップ
  •  > ひよりのあぶらとり紙がOEMに選ばれる理由
  •  >  [2] 世界に誇る最高の品質

お問い合わせ

その製法は金箔製造技術から

あぶらとり紙のルーツは、金箔を製造する過程で使用される「ふるや紙」といわれる特殊な和紙でした。

顔のあぶら浮きを抑える紙として「ふるや紙」が注目される
明治時代後期、顔のあぶら浮きを抑える紙(のちのあぶらとり紙)として「ふるや紙」が注目されました。ふるや紙とは、金箔を製造する過程に使用される特殊な和紙をいいます。 これは他のどんな和紙より最も脂分を吸収し、肌のテカリを抑えることができたので、歌舞伎役者や舞妓さんに重宝されるようになったのです。


  [もっと詳しく]金箔の製造工程 

ふるや紙は限られた数しか生産できない
当時、金箔は、熟練した職人によって、限られた数しか生産できなかったと言われています。同様の製法でつくるふるや紙も、一度に大量の生産は難しく、一般の人々が簡単に入手できるものではありませんでした。
 ( ふるや紙の元、箔打ち紙のできるまで

品質を維持し、ふるや紙だけの量産へ
昭和初期、この貴重なふるや紙を、どうにかして一般の人々にも手にしてもらえないかと考えられるようになり、金箔をつくる製法をもとに、ふるや紙だけを量産する技術が開発されました。 この技術は「金箔打紙製法」と言われ、熟練の職人が金箔製造に準じた方法でつくり、ふるや紙の品質を維持することに成功しています。

厳しい品質基準をクリアした本物のあぶらとり紙

全国の金箔の98%以上を生産している石川県金沢市は、世界でもトップクラスの金箔製造技術を持っています。中でも金箔を打ち延ばす際に必要な技術である、金箔打紙製法において、最高レベルの技術の証、「金箔打紙製法認定之印」は、細かい工程のひとつひとつにおいて、厳しい基準をクリアして初めて認定されるものなのです。

金箔打紙製法と、その認定之印とは

石川県箔商工業協同組合の定める【金箔打紙製法-あぶらとり紙】の定義及び製法

箔職人が、金箔打ちの技術と勘をもって
(1) 金、銀及び諸箔を製造できる箔打ち機械で【あぶらとり紙】原紙を、丹念に打ち叩き仕上げた【あぶらとり紙】である。
(2) 仕上がった【あぶらとり紙】は、原紙の状態より紙の繊維が、尚一層叩き 潰され、箔打ち機械で紙打ちされた風合いのある状態であること。

【 解 説 】
a) ただ単に、上下する紙打ち機械で製造した【あぶらとり紙】は、熟練した職人の長年の経験による工程とは言えないため、【金箔打紙製法】とは認められない。
b) 紙の繊維が尚一層叩き潰され、風合いのある状態に仕上げるためには相当数の紙打ちの作業時間を必要とし、その状態を見極めるためには長年の経験による職人の技術と勘が求められる。従って、形式的に箔打ち機械で、紙打ちした製品は【金箔打紙製法】とは認められない。


 

  NEXT > ひよりのあぶらとり紙がOEMに選ばれる理由[3]安心・安全

  •   お電話でのお問い合わせは 0120-766-669