製品紹介 お肌診断 金箔打紙製法 ショッピング 店舗紹介 企業様へ 会社概要 加盟店募集 求人情報 OEM・ノベルティ ホーム お問い合わせ サイトマップ
製品紹介
金箔打紙製法 | 伝統の金箔打ち | 石川県箔商工業協同組合の定める定義及び製法 |
| あぶらとり紙のすべて | よく聞かれるお問い合わせ内容
金箔打紙製法  

このあぶらとり紙は、金箔打ちを重ね本物になった。
その品質は、歴史の中で生みだされた
そう、歴史こそ 『 ひより 』 のアトリエ
アロエ、シルクと同化し新たなるあぶらとり紙を創造する 『 ひより 』
そのやさしさと吸脂力は、本物の中の本物を静かに主張する


ひよりのあぶらとり紙は、その金箔打製法の認定印を取得しています。









金箔打紙製法というのは、文字通り金箔を製造する機械で作られる製法です。
あの薄い金箔を製造するのに、直接金箔を打ち延ばすことはできません。
だから、1枚、1枚を紙で挟んで紙の上から打ち延ばすことにしました。
でも、金箔というピュアな素材は、普通の紙で挟むと、反応をしてしまいます。
だから、素材にこだわった特殊な和紙が選定されました。
その厳選された和紙を使って、職人の技と勘をたよりに、丁寧に打ち上げていきます。
何度も、何度も 職人の手で真心を込めて打ち上げていきます。
その工程は 十数工程にもおよびその間に 金箔は 薄く薄く仕上げられます。
その紙には、金箔の品質を阻害する抜群の脂分の吸収が求められます。
そして、その素性を持った和紙が、繊維を丹念に丹念に、打ち延ばされます。  
そうして、この紙は、世にはない抜群の吸脂力を持ち合わせた紙へと変身を遂げるのです。
それが、舞妓さんたちが いにしえより愛用したふるや紙の原型となりました。
その金箔を作る機械で、同じ箔職人が真心を込めて作ったものを、金箔打紙製法と呼びます。
ひよりのあぶらとり紙は、その金箔打製法の認定印を取得しています。
  金箔打紙製法認定之印
このページのトップへ



伝統の金箔打ち  

毎分 800 回 を打つ伝統の金箔打ちとは---

金合わせ 延金 澄打ち仕込み 澄打ち 仕立て 箔打ち仕込み 引入れ 打ち前 あぶらとり紙
このページのトップへ



石川県箔商工業協同組合の定める定義及び製法  

石川県箔商工業協同組合の定める【金箔打紙製法-あぶらとり紙】の定義及び製法

箔職人が、金箔打ちの技術と勘をもって
(1) 金、銀及び諸箔を製造できる箔打ち機械で【あぶらとり紙】原紙を、丹念に打ち叩き仕上げた【あぶらとり紙】である。
(2) 仕上がった【あぶらとり紙】は、原紙の状態より紙の繊維が、尚一層叩き 潰され、箔打ち機械で紙打ちされた風合いのある状態であること。


【 解 説 】
a) ただ単に、上下する紙打ち機械で製造した【あぶらとり紙】は、上記(1)を満たさない為、【金箔打紙製法】とは認めない。
b) 箔打ち機械で紙打ちした【あぶらとり紙】であっても、(2)の条件を満たすためには、相当数の紙打ちの作業時間を必要とする。従って、形式的に箔打ち機械で、紙打ちした程度では【金箔打紙製法】とは認めない。
このページのトップへ



あぶらとり紙のすべて  

あぶらとり紙の由来

明治時代後期、活動写真のメイクアップに使うドイツ製ドーランの あぶら浮きに困った監督がさまざまな紙を試みた結果、金箔打ち紙 が最も脂分を吸収しテカリを抑えたため重宝され、その後歌舞伎役 者や舞妓さんに広まったと言われています。
その広がりから「あぶらとり紙は京都」のイメージがもたれましたが 本来は金沢の伝統産業として栄えた和紙が利用されたものなんです。

金箔打ち紙

ふるや紙と呼ばれ、金沢の伝統産業の一つである純金箔作りに欠かせない和紙を言い、和紙と和紙の間に金を幾重も重ね、これを叩きます。この和紙の善し悪しで金箔のツヤや、光沢などの善し悪しが決まると言われています。必然的に、あぶらとり紙の善し悪しもこの和紙の善し悪しで決まります。

金箔打紙製法あぶらとり紙

現在では、箔打ち紙に使われてきた和紙の生産量が減り、紙漉きに携わる職人も減りつつあります。このような背景から、元来の箔打ち、紙仕込みの技術と経験をもとにふるや紙の品質をそのまま保持し、あぶらとり紙として誕生させました。【ひよりのあぶらとり紙】は、石川県箔商工業組合の金箔打紙製法の認定を受けた最高品質のあぶらとり紙です。
この技術によりつくられるあぶらとり紙は、限られています。

ひよりのあぶらとり紙

和紙の原材料から、繊維と無機質のバランスを考え100%天然の素材を一切の化学薬品処理をせず、原紙に仕上げ、金箔製造と変わらぬ十数工程の加工を施しました。より柔らかく、吸脂性を高め肌触りのよいお肌にやさしい良質なあぶらとり紙です。

他社製品との差

現在、市場に出ているあぶらとり紙は、大きく3種類にわけられます。ひとつは、洋紙と呼ばれるものでパルプを原料とした低価格の低級品です。これは脂の吸収力も低く、柔化剤や吸脂剤などが含まれているため、決してお肌にはよくありません。
次に、ポリプロピレンなど紙以外の素材を使用したものですが、同様に吸脂力、安心感など、和紙を使用したものとは比較になりません。最後に和紙を使用したものですが、最近金箔打紙製法とか金箔屋さんのとか、特許製法などと銘打って売られていますが、どれも化学薬品処理がされていたり、たたかずにプレス機で潰しただけだったりと、本物はほとんど見受けられません。粗悪品もまれにあり、洋紙にただ色をつけただけのものもあります。

安心感

からだにやさしい『ひより』のエキス。無農薬ジュースのような安心感。
本来、顔のテカリを抑え、余分な脂をとりニキビ予防などの目的で使 用されてきたあぶらとり紙ですが、化学薬品処理されたものや、漂白 剤がはいっているものが、どうしてニキビ予防になるのでしょうか? 言い換えれば、私ども「ひより」の商品は無農薬野菜と同様、手間と暇 をかけ丁寧に作られた天然素材の商品です。たかが、あぶらとり紙、 されど、あぶらとり紙です。毎日使うものですから、安心してお使い いただける商品を作りつづけることにこだわりを持っております。

よく聞かれるお問い合わせ内容

Q. 顔から出るあぶらは一日にどのくらいですか?
A. 皮脂(いわゆるあぶら)は、脂腺由来の脂腺の細胞自体が脂肪化して外に出たものと表皮由来の脂質との混ざったものを言いますが、ほとんどが、脂腺由来の皮脂をさします。脂腺からは、2.0〜0.1γ/cm/minの脂質が排泄され、皮膚の表面には0.4〜0.05mg/cmの蓄積があり、これが皮脂膜となり、そとからの刺激に対して防御する働きをするといわれています。
肌の乾燥や脂っぽさは、皮脂の分泌量の違いによっておこります。皮脂の分泌量は気候や年齢や環境によっても異なります。季節の変わり目は、温度や湿度の変化が激しいため、それに対応しきれなくなって肌荒れがおこりやすくなります。
気温の高い夏は、皮脂や汗の分泌が盛んになるため、肌が脂っぽくなりますし、冬は乾燥している上に皮脂の分泌量がかなり減るので、かさつきがちになります。皮脂の分泌量は一定ではなく、年齢を重ねるごとに減少する傾向にありますが、体調や精神状態により一時的に分泌量が増えることもあります。

Q. 皮膚から出るあぶらは、余分なあぶらですか?
Q. 余分なあぶらなら、取り除くことは皮膚によいことかしら?
A. 余分なものではありません。皮脂膜は脂質に富む薄い層をつくり、皮膚、毛の表面を覆い、なめらかにして乾燥を防ぎます。また水分の浸入を防ぐのにも役立ちます。
殺菌効果などもあります。顔の中でもさわってみるとお分かりだと思いますが、オイリーな部分やカサカサになりやすい部分(特に目のまわり)などがあり、部分的に脂っぽいだけなら、その部分だけ取り除くようにすれば、トラブルは、防ぐことができます。
顔の中でも、額から鼻にかけてのTゾーンは、最も皮脂の分泌の多いところです。テカリが気になりますね。テカリというのは、皮脂の分泌が多すぎて脂うきが激しく肌の表面が鏡のようにテカッてしまう状態をいいます。そのため、余分な皮脂のために、ファンデーションが浮いてしまい化粧くずれを引き起こしてしまうのです。

Q. 乾燥肌の人も、皮膚からでるあぶらを取り除いてもいいのかな?
Q. かさつきの原因にならないかしら?
A. 肌の部分的な違いで対応する必要があります。
乾燥肌の人でも、Tゾーンだけテカることがあります。乾燥しがちな部分と脂っぽくなりがちなTゾーンの手入れを分けて、スキンケアすることが大切ですね。たとえば、テカリのひどい部分には、乳液やクリームなどの油分はさけ、収縮型化粧水などで、一時的に皮脂分泌をおさえたり、あぶらとり紙でういた皮脂を吸着させるのがベストでしょう。

Q. いったん出たあぶらは、皮膚に悪影響がありますか?
A. 一般的に日本人のほとんどは、Tゾーンがオイリーでも頬や目のまわりが乾燥しているという混合肌ですね。いったん出たあぶらはテカリの原因となり、ファンデーションののりが悪くなるのが、こまってしまいますが、悪影響ではありません。でも皮脂は、汗と混ざると、汗のみより一層ほこりや垢を吸いつけ汚れやすくなります。

Q. 毛穴の黒ずみの原因は何ですか?予防方法やお手入れは?
A. 肌のきめの細かさは、遺伝子で決まります。肌の粗い人は、毛穴が多少大きめに開いており、その毛穴に汚れがたまったままだったりすると毛孔がさらに目立ち、黒ニキビとなり、顔全体がくすんですすけて見えます。黒ニキビは、皮脂が毛穴にたまった状態のところに汚れがついて黒くみえるのです。
予防方法は、毛穴を引き締めるようにしてお手入れすることです。毎日のクレンジングと洗顔をていねいにして、毛穴の表面の汚れをとりのぞいたら今度は化粧水で冷やし、毛穴を引き締めるようにします。これを最低一日2回は、実行すること。化粧水をコットンに含ませてパッティングするのもいいですね。洗顔とメイクの前の引き締めを丹念に行う事ですね。

Q. ニキビや吹き出物などのトラブルが生じる原因と予防方法は?
A. 男性ホルモンの分泌変動で、皮脂腺の機能が活性化し、皮脂の分泌が活発になると同時に毛穴が角質でふさがれて、毛穴の中に皮脂や角質がたまるのがニキビの始まりです。これに細菌による炎症が加わると赤くなります。
まず、皮脂腺が思春期に成熟肥大します。毛穴部分の角化が促進して皮脂の出口をふさぎます。ふさがれた毛穴内部が拡大し、角質や皮脂で充満します。細菌の感染がおこると炎症性のニキビとなり、化膿しあとで色素沈着をおこします。ひどいと、きずあとになります。原因としては、遺伝的体質、皮脂の分泌量の増加、不十分な洗顔、汚れや化粧水により毛穴がふさがる、髪の毛、ほおづえなど外部の接触刺激、寝不足や食べ過ぎ、栄養のアンバランスなどです。
日常の注意事項として、朝夕のせっけん洗顔、ニキビを刺激しないこと、夜更かしをしない、睡眠を十分に、規則正しい生活、化粧品は油分の多いものは避けて、化粧水くらいに止めておくのが1番です。どうしてもするのなら、早めに落としておくこと。偏食しない。過食もしない。香辛料やアルコールも控える。髪が触れる部分にニキビがでやすいので髪が触れないことも大切ですね。
このページのトップへ
Copyright(C)2003. All Rights Reserved by Hiyori Co., Ltd..